女性ネットワークエンジニアの不利

ネットワークエンジニアというと、男性のイメージを持っている方も多いと思います。
IT業界というと、男性が多く働いているイメージも強いでしょう。しかし、今ではエンジニアとして活躍している方の中には、女性の方も増えてきています。ネットワークエンジニアの世界では、20人に1人が女性という状況。確かに、まだまだ女性は少ない職場と言えますよね。そのため、どうしても女性であるが故に不利になってしまうこともあります。

例えばどういったことがあるかというと…
・ネットワークエンジニアの仕事は体力勝負
時には、夜中に呼び出されることもありますし、土日などに仕事を強いられることもあります。女性にとっては、生活も大切にしたいと考えている方も多いでしょうから、こういった仕事環境というのは不利になるでしょう。
また、時には、床を這いつくばってケーブルを設定したりすることもありますし、重い機器などを搬入作業が求められることもあり、女性にとっては不利な仕事もあります。

・ネットワーク管理も大変
ネットワーク管理の場合にも、トラブルが起きるたびに対応が必要となります。そのため、昼夜問わず作業が求められますので、女性にとっては厳しい仕事ともいえるでしょう。

ネットワークエンジニアというと、会社でコツコツと仕事をしていくイメージがありますが、実際には体力勝負の仕事となります。そのため、女性の場合には不利になることもいくつかあります。「自分は、体力に自信がある」と思っている方でも、残業が続いたり、夜中の呼び出しが続くと「辛い」と感じることもあるでしょう。機器の搬入などは、やはり力仕事となりますから、周りに迷惑がかからない様に進めていくことも求められます。そう考えると、女性にとっては不利になることも多いかもしれませんね。

しかし、IT業界でプログラマと呼ばれる仕事の中に女性のプログラマが増えてきているようです。
長く続けていくことが可能なこの職種。そのためには常にスキルアップを目指していくことが必要です。【女性プログラマのためのキャリアアップ講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です